テクニカル分析

2018年9月20日 (木)

FX初心者のためのテクニカル分析

私がFXを始めた頃の話ですが、最初は本屋さんでFXに関する本を購入してトレード手法を勉強しました。

誰が書いて、何というタイトルの本か忘れてしまいましたが、日本人が書いた本でした。

その本に掲載されていたのは、平均足と移動平均線を使ってトレードをする手法だったことはよく覚えています。

でも、正直に言うと、今振り返れば最初の選択としては完全に失敗でした。

もちろん理由はあります。

最大の理由は、ロウソク足ではなく平均足を使っていたので、ロウソク足について学びが得られなかったということです。

これは最大の後悔です。

ロウソク足と平均足の最も大きな違いは、始値や終値が一緒ではないということですね。

このことは、トレードを重ねれば重ねるほどボクシングのボディブローのように、あとからデメリットが徐々に効いてきました。

見た目は平均足のほうが、上昇か下落の流れの傾向は掴みやすいのですが、一本のロウソク足の始値や終値の判断はとても重要だということがトレード経験を重ねれば重ねるほど身に沁みてきますね。

そして、移動平均線ですが、移動平均線の種類も期間も何も疑問に思うこともなく、本に書いてある通りに設定をしていました。

このことにもなぜそのように設定をするのかということを、何も考えないという大きなデメリットがありました。

だから、これからFXを始める人や始めたばかりの人は、まずは基本的なテクニカル分析を最初に身に付けてもらいたいと思っています。

そのためには基本的な3つのテクニカル分析を解説している記事 がありますので、そちらをぜひ参考にして下さい。

その他のカテゴリー